子供も大人もありえる
「脳脊髄液減少症」という病気

なかなか治らない「むち打ち」や「頭痛」は、もしかしたら深刻な脳の病気かもしれません

「むち打ち症と診断されたけど、まるで良くならない」、「寝ていないと頭痛が酷い」など、むち打ち症に似た症状が長引くのでしたら、それは危険な病気かもしれません。

例えば、寝ていると症状はあらわれないが、立ち上がったり、頭を起こすと、目まいや激しい頭痛が起きる。そしてまた横になる(寝たりする)と症状が改善されるなら、難治性の病気「脳脊髄液減少症」の可能性があります。

脳脊髄液とはその名の通り、クモ膜下腔という袋の中を満たすことで、脳と脊髄を守っている液体を指すのですが、その脳脊髄液が何らかの理由で硬膜から外に漏れだし、クモ膜下腔内の量が低下してしまうのが脳脊髄液減少症です。

症状が、「頭痛やめまい」、「吐き気」、「鬱症状」、「視覚の機能障害」、「倦怠、軽い疲労感」、「耳鳴り」などと、むち打ち症と似ているため、始めはむち打ち症と勘違いされる方が多く、当協会の認定院にも、脳脊髄液減少症と知らずに来院される患者さまがいらっしゃいます。

しかし脳脊髄液減少症は、診断が非常に難しく一部の病院でしか診断、治療ができません。ですから今なお、原因がわからなかった病気として診断される方もいます。

そこでこのページでは、脳脊髄液減少症について解説させていただきます。

はじめに脳脊髄液減少症の権威、山王病院 脳神経外科部長 高橋浩一先生に、脳脊髄液減少症の症状、検査、対処法、治療法について分かりやすく解説いただきましたのでご覧ください。※(動画では副部長となっていますが、現在は脳神経外科部長です)

脳脊髄液減少症で的確な治療!高橋医師


Dr.高橋浩一の公式HP:https://takahashik.com/

どんな症状なのでしょうか?

「脳脊髄液減少症」とは、脳脊髄液が減ることにより、頭痛、目まい、吐き気、視覚の機能障害、耳鳴り、首の痛み、全身倦怠感や記憶力の低下など様々な症状が現れる疾患です。
症状は慢性的に持続するため、就労や日常生活、学業に支障をきたし、就労が不可能となる方、学校へ通えなくなる児童も存在します。

脳脊髄液減少症の方によく見られる症状

頭痛

  • 立つと症状が悪化する
  • 外傷1ヶ月以内に症状が現れている
  • 気圧の変化で症状が悪化する
  • MRIなどの諸検査で異常が認められない
  • 鎮痛剤の投与や、抗精神薬の投与などの効果がとぼしい
  • 通常では見られない、難治性(なかなか回復しない)むち打ち症
  • 毎日症状が現れる
  • 外傷や事故をきっかけに、人が変わった様になった
  • 運動で症状が悪化してしまう
  • 水分補給や点滴で、一時的に症状が緩和される

どんな原因で起こるのでしょうか?

交通事故が一番多く、その他スポーツや転倒などで頭や首を傷めた際に起こる場合もあります。
また出産がきっかけで発症された方もおられます。
また、楽器の演奏による負担や尻もちをついたなど、普通の日常生活の中で起こる場合もあります。
子供ですと、学校の廊下で滑って頭を強打したことで発症したケースもあります。

どこに相談したら良いのでしょうか?

脳脊髄液減少症は、症状がむち打ち症と酷似しているため、「脳脊髄液減少症」について知識のない病院、治療院(接骨院・整骨院)で治療を続けていると、症状が改善されないばかりか、悪化する恐れがあります。

まずは対応いただける医療機関にご相談ください。専門のドクターがいらっしゃいましたらベストです。または、脳脊髄液減少症の患者さんに支援されている団体(コチラ)に相談ください。もしお近くに当協会の認定院があるようでしたらご相談ください。

脳脊髄液減少症の検査方法

まずは問診が行われます。頭痛や吐き気、めまい、首の痛み、倦怠感などいくつかの症状があると脳脊髄液減少症の可能性が高くなります。
「脳脊髄液減少症」の患者に多く見られるのが「起立性頭痛」という症状です。下記のテストを行い結果を「脳脊髄液減少症」の判断基準の1つとしています。

LUPtest(ラップテスト)


(1)膝を立てた状態で仰向けにベッドに寝る。腰に毛布やクッションを畳んだものを敷いてベッドから10センチ以上浮かせる。

(2)腰に敷いていたクッション等を取り除いた後、ゆっくりと上半身を起き上がらせ、座った姿勢にする。
脳脊髄液減少症の患者様に良く見られる症状として、(1)の姿勢をとると頭痛が軽減、または消滅し、(2)の姿勢をとると頭痛が再発、または強く現れる、という特徴があります。

※上記テストは、当協会の認定院でも行っている院がございますので、お近くの認定院にご相談ください。
(このテストは診断方法の1つです。このテストの反応の有無だけで安易に判断せず、治療を含めた診断は専門の脳神経外科や整形外科で行いましょう。)

脳脊髄液減少症の治療方法(応急処置)

脳脊髄液減少症と疑われる症状がある場合、まずは安静にし、水分補給します。
当協会の認定院に来院された患者様でも、上記療法で回復されたという報告があります。
約2週間、心身ともに安定した状態で横になり、その間十分に水分をとってください。
※発見が早ければ早いほど、改善する可能性が高くなりますので、いち早く応急処置をお勧めします。

ブラッドパッチ療法

上記の療法で回復が見られない場合、ブラッドパッチ療法が有効的な治療法です。療法としては、髄液を包む硬膜の外に自分の血液を注入し、髄液の漏出を止める治療です。
2016年4月に、(一部ですが)保険適用となった事で費用面が緩和されています。また対応できる医療機関も増加傾向にあります。

※もしブラッドパッチ療法を希望されるようでしたら、当協会認定院にご相談ください。認定からのご紹介でしたら比較的早く治療を受けることが可能です。詳しくは、上記の高橋浩一先生の解説動画をご覧ください。

認定NPO法人脳脊髄液減少症患者・家族支援協会

脳脊髄液減少症の救済を目的に活動されている、NPO法人です。日本では非常に珍しい、医師と患者の組み合わせによる「脳脊髄液減少症(低髄液圧症候群)」の啓蒙を目的に活動されています。もし脳脊髄液減少症で悩みやお困りがありましたら、こちらのご連絡されることをお勧めします。「むち打ち治療協会のサイトを見て」と言っていただければスムーズに相談にのってくれます。

脳脊髄液減少症の患者さんの現状とは

脳脊髄液減少症はまだ保険の適用が十分ではなく、治療費で困窮している方が多いのが現状です。脳脊髄液減少症の現状について、十分な手当てを受ける為に国に働きかけている、認定NPO法人 脳脊髄液減少症患者・家族支援協会の方にインタビューに解説いただきましたのでご覧ください。

脳脊髄液減少症の診断・治療ができる医療機関

各県庁HPに診断・治療ができる医療機関が掲載されています。各リンクをご確認ください。
(表記のない自治体は、直接お住まいの市区町村へお問い合わせください。)
または、上記の「認定NPO法人 脳脊髄液減少症患者・家族支援協会」へお問い合わせください。

都道府県 掲載ホームページ 都道府県 掲載ホームページ
北海道 北海道丁ホームページ 青森県 青森県丁ホームページ
岩手県 岩手県丁ホームページ 秋田県 秋田県庁ホームページ
宮城県 宮城県丁ホームページ 山形県 山形県丁ホームページ
福島県 福島県丁ホームページ 茨城県 現在記載がありません。
直接お問い合わせください。
栃木県 栃木県丁ホームページ 群馬県 群馬県丁ホームページ
埼玉県 埼玉県丁ホームページ 山形県 山形県丁ホームページ
神奈川県 神奈川県丁ホームページ 千葉県 千葉県丁ホームページ
東京都 医療法人財団 順和会 山王病院
独立行政法人国立病院機構災害医療センター
新潟県 新潟県丁ホームページ 石川県 石川県丁ホームページ
富山県 富山県社会福祉協議会ホームページ 長野県 長野県丁ホームページ
福井県 福井県丁ホームページ 愛知県 愛知県丁ホームページ
静岡県 静岡県公式ホームページ 岐阜県 岐阜県丁ホームページ
三重県 三重県丁ホームページ 滋賀県 滋賀県丁ホームページ
京都府 京都府丁ホームページ 大阪府 大阪府丁ホームページ
奈良県 奈良県丁ホームページ 和歌山県 和歌山県丁ホームページ
兵庫県 兵庫県丁ホームページ 鳥取県 鳥取県丁ホームページ
島根県 島根県丁ホームページ 岡山県 岡山県丁ホームページ
兵庫県 広島県丁ホームページ 山口県 山口県丁ホームページ
香川県 香川県丁ホームページ 徳島県 徳島県丁ホームページ
愛媛県 愛媛県丁ホームページ 高知県 高知県丁ホームページ
福岡県 福岡県丁ホームページ 岡山県 岡山県丁ホームページ
長崎県 長崎県丁ホームページ 熊本県 熊本県丁ホームページ
大分県 大分県丁ホームページ 宮城県 宮城県丁ホームページ
鹿児島県 鹿児島県丁ホームページ 沖縄県 沖縄県丁ホームページ